メディア 取材や雑誌掲載のご紹介

メディア掲載情報

朝日放送の番組「キャスト」に出演します。

2020年 1月22日 (水曜)朝日放送の番組「キャスト」に出演します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(内容紹介)
日本一高いビル、あべのハルカス
「夢を叶えるキャンペーン」という企画で 選考の結果、最終候補に残った方の夢は…

「昨年3月に亡くなった母といつもハルカスで食事や買い物をしました。
想い出がいっばい詰まったハルカスで、母が大好きだったピアノを演奏したい。
「ハルカスから空の母へ」曲は、ピアソラが亡き父を想い作曲したアディオス ノニーノ。
大好きなピアソラの編曲家山本京子先生と連弾で弾いてみたいです。」

この方の夢を叶えるため、ご協力させて頂くことにいたしました。
https://www.abenoharukas-300.jp/sp/ob-news.php#news372

このキャンペーンのコンサートは
1月18日 18時よりハルカス58階展望台で開催されます。
その模様などは、朝日放送の番組「キャスト」でテレビ放映されます。(関西エリア)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Abeno Harukas's campaign, "make your dream come true." The dream of the final candidate is as follows.
I often went out to Harukas for dinner and shopping with my mother who died last March. I want to play the piano
which my mother loved on the top of Harukas. is full of memories with her.From Harukas to my mother in heaven...
The music is Adios Nonino composed by Piazzolla with affection for his deceased father. I would like to play with my
favorite musician, Kyoko Yamamoto.

This campaign will be broadcast on the Asahi Broadcasting Program “Cast” on January 22.

▲ページトップへ

PTNA 2015年度 課題曲(デュオ部門)

国内最大規模で毎年開催されるピアノのコンクール、
PTNA ピティナ・ピアノ・コンペティション2015年度課題曲 デュオ部門:連弾上級に、
「リベルタンゴ 4手連弾」(サウンドストリーム刊)が選ばれました。

http://www.piano.or.jp/compe/repertory/duo.html

▲ページトップへ

PTNA(全日本ピアノ指導者協会)

PTNAステップ 2012年度課題曲
「アレグロ・タンガービレ4手連弾」が採用されました。

PTNAステップ2012年度課題曲に「タンゴ・タンゴ」(音楽之友社刊)に収録の
「アレグロ・タンガービレ 4手連弾」が選ばれました。

▲ページトップへ

PTNA(全日本ピアノ指導者協会)Website

PTNAインタビュー 赤松林太郎

赤松林太郎氏がピアソラを弾きたい!と思い立ったところから、山本京子との出会いまで、
メジャーデビュー5周年ソロリサイタルに向けて熱い思いを語っています。

PTNAインタビュー 記事はこちら

▲ページトップへ

新聞掲載

3月15日付 神戸新聞 夕刊 「随想」
ピアソラを語る 文:赤松林太郎

ピアニストでエッセイストとしても活躍する多才な赤松林太郎氏によるコラム。

神戸新聞 夕刊 「随想」 記事はこちら

▲ページトップへ

雑誌掲載

PTNA(社団法人全日本ピアノ指導者協会:略称ピティナ) 会報「Our Music」296号
「わくわくポピュラーガイド」にインタビュー記事が掲載されました。

OUR MUSIC

296号掲載のインタビュー記事はこちら

▲ページトップへ

雑誌掲載

ムジカノーヴァ11月号 「楽譜調査室」 のコーナーで
新刊「タンゴ・タンゴ」について紹介されました。

ムジカノーヴァ 2011年11月号より

▲ページトップへ

雑誌掲載

「ムジカノーヴァ」10月号に紹介されました。

ムジカノーヴァ 2011年10月号ムジカノーヴァ 2011年10月号より

▲ページトップへ