山本京子

神戸女学院大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
卒業後は演奏活動や後進指導のかたわら、子供のための作品を作曲、発表。朝日放送制作のドラマの音楽を作曲、演奏。2000年より主にピアソラ作品の編曲楽譜の出版を重ねている。

編曲活動を通して国内外の演奏家達との交流を深めており、山本京子の作品はトップアーティストからアマチュアまで多くの支持を得ている。
とりわけピアノデュオ・クトロヴァッツにとって山本京子による編曲作品は主要なレパートリーとなっており、ウィーン楽友協会ホールや、リスト・フェスティバル、ラクセンブルグ音楽祭など、多くのコンサートで演奏されている。

ヨーヨー・マ、キャサリン・ストット、アシュレー・ウェイス、ティーネ・ティング・ヘルセット、マリアンナ・シリニャン、赤松林太郎、アルゲリッチ・プレゼンツ・プロジェクト、klangfruehling音楽祭(オーストリア)、ロンドン・ピアノ・フェスティバル、山中湖国際音楽祭などに作品を提供。2011年よりアルゲリッチ・プレゼンツ・プロジェクトの作曲家に登録されている。
また、2005年より武田有賀とのピアノ・デュオmumukiで演奏活動中。mumukiのコンサートタイトルは「22世紀のクラシック」。演目は、ピアソラに限らずジャンルを問わない。時空を超えて支持されると思われる作品を編曲して発表している。

Memorial Photo アーティストたちとの交流